Welcome to Research Association For Feedstock Recycling of Plastics Japan


Research Association For Feedstock Recycling of Plastics Japan
プラスチック リサイクル化学 研究会

【HOME】

新着情報

2018年度(平成30年度) 功労・功績・進歩賞候補者推薦方法について NEW

プラスチックリサイクル化学研究会
選考委員長 吉岡敏明

1.賞の対象
  1.功労賞  2.功績賞  3.進歩賞
2.提出書類
  (1)会長あて候補者推薦書(様式1)
  (2)業績目録・推薦の理由書(様式2)
  なお、論文などの別刷は必要に応じ候補者に選考委員会が直接請求する。
  様式1 / 様式2
3.書類執筆上の注意
  (1)所定のフォーマットで作成し、pdf形式で提出すること。(文字サイズ11ポイント以上)
  (2)業績目録は、本研究会討論会において発表した論文を下記例のとおり記載し、その他の論文、報文以外の総説、著書などは最後にまとめて記
  載すること。
  ただし、論文、報文の中に印刷中(in press)の査読論文 (審査のある論文)は加えることができるが、投稿中(submitted)の場合は記載できない。
  (3)業績目録中、共著論文に関しては、候補者が総括研究者、または研究担当者である場合は [主] を、研究協力者である場合は [協] をその論文の
  末尾に付ける。
  (4)共同研究者がいる場合は、本人の業績部分と共同研究者の業績部分を明確にすること。(推薦の理由並びにその他特記事項欄に明記のこと)
4.推薦書提出先および提出締切日
  プラスチックリサイクル化学研究会事務局へメールにて提出する。(今年から変更になりました)
  award◆fsrj.info (送信時に◆を@に変えてください)
  提出〆切日 2019年 (平成31年) 3月29日 (金)

プラスチックリサイクル化学研究会事務局
株式会社ポラリス・セクレタリーズ・オフィス (担当中村)
Tel:070-5342-5559
E-mail: award◆fsrj.info (送信時に◆を@に変えてください)

Pacifichem2020でのシンポジウム提案が認められました。

Pacifichem2020(ハワイ/2020年12月)でのFSRJおよび関係の海外学会からの提案しましたシンポジウムが認められました。

Title of Proposal: Recycling of Polymeric Materials: Challenges and Perspectives
Topic Area: Chemistry for Sustainability

このタイトルでシンポジウムが開催される予定です。皆様方からの活発な研究発表申し込みを期待しています。
https://pacifichem.org/technical-program/2020-approved-symposia/

ISFR 2019: FSRJが共催する国際会議のご案内
ISFR2019 (10th INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON FEEDSTOCK RECYCLING OF POLYMERIC MATERIALS)NEW

下記の要領で国際シンポジウムが開催されます。発表申し込み締め切りは2019年1月10日です。
多数の方々からの研究発表申し込みを期待しています。

Date: 26th -29th , May 2019
Venue:Mercure Budapest Buda Hotel, Hungary
Deadline for abstract submission: 10th January 2019
Notification of acceptance: 15th February 2019
Deadline for early bird registration: 28th February 2019
Submission of extended abstracts: 15th March 2019

HP : http://isfr2019.ttk.mta.hu/index.php
Facebook: : https://www.facebook.com/isfr2019/
PDF
(913KB)

第21回 プラスチックリサイクル化学研究会 研究討論会
第7回 高分子学会グリーンケミストリー研究会 シンポジウム
合同発表会

日時:2018 年 7月 26日(木)、27日(金)
場所:東北大学大学院環境科学研究科 本館 大講義室会場(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)
主催:プラスチックリサイクル化学研究会、高分子学会グリーンケミストリー研究会
協賛: (予定)廃棄物資源循環学会,日本エネルギー学会リサイクル部会, 日本化学連合,日本化学会,触媒学会,
   グリーンケミストリー研究会,新化学技術推進協会,化学工学会超臨界流体部会,日本電磁波エネルギー応用学会

◆詳細および申込先
詳細申込先
研究発表申込締切:5月 14日 (月)
要旨原稿締切  :6
月 22日 (金)/原稿枚数:A4 判1 枚

参加費    :①企業・大学・官公庁 7,560 円 ②学生3,240 円
        ③FSRJ 顧問、高分子学会名誉・終身・フェロー・ゴールド・シニア会員 3,240 円
        ④FSRJ 会員、高分子グリーンケミストリー研究会メンバー 5,400 円

懇親会費   :一般4,000 円,学生2,000 円

問合先・原稿送付先
〒104-0042 東京都中央区入船3-10-9 新富町ビル
公益社団法人 高分子学会 第7 回グリーンケミストリー研究会シンポジウム 第21 回プラスチック
リサイクル化学研究会研究討論会 合同発表会係
TEL 03-5540-3770、FAX 03-5540-3737

平成29年度FSRJ賞の選考結果 詳細  

功労賞    佐古 猛  静岡大学                                  「超臨界/亜臨界流体を用いる廃プラスチックのケミカルリサイクル技術の研究」
功労賞    加茂 徹  産業技術総合研究所              「本研究会の発展と展開に関する功績」
技術功績賞  稲田 修司 ㈱ニスコ                                  「化学的手法による、ポリエステルを主成分とする繊維素材のサステナブルリサイクルプロセ
                                                                                                          スの開発と商業プラントの基本設計」
進歩賞    八尾 滋  福岡大学                                  「リサイクルプラスチックの物理劣化および物理再生」

平成29年度 講演会が開催されました 写真1 写真2 写真3 写真4 写真5

日 時: 2017年6月5日(月)
場 所: 日本大学 理工学部 駿河台校舎1号館2階会議室
  受賞者講演
   功労賞  「熱硬化性樹脂の液相分解による資源化」           山形大学 教授         多賀谷 英幸 
   技術功績賞「ラマン散乱識別を活用した高性能廃プラスチック~」     近畿大学産業理工学部 教授   河済 博文
   技術功績賞「プラスチックマテリアルリサイクルの製品品質~」      日本プラスチック有効利用組合
                                                名誉会長  岡田 巧
  基調講演
   講演1「WEEE処理から見たプラスチック」                  東北大学 教授         白鳥 寿一
   講演2「環境技術の開発のための帰納的ライフサイクルアセスメント」   東北大学 准教授            福島 康裕

平成28年度FSRJ賞の選考結果 詳細  

功労賞    多賀谷英幸 山形大学          「熱硬化性樹脂の液相分解による資源化」
技術功績賞  土田 保雄 ㈱サイム          「ラマン散乱識別を活用した高性能廃プラスチックリサイクルシステムの開発」
       河済 博文 近畿大学産業理工学部
技術功績賞  日本プラスチック有効利用組合      「プラスチックマテリアルリサイクルの製品品質・品質管理の向上、付加価値の増大を通じた
                            持続可能な社会(低炭素化社会&資源循環型社会)へ貢献」

FSRJが共催する国際会議(9th ISFR 2017)のご案内

9th INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON FEEDSTOCK RECYCLING OF POLYMERIC MATERIALS   PDF
http://isfr.vsb.cz/ 

Date: 10-13, July 2017
Venue:VŠB – Technical University of Ostrava, Czech Republic
Deadline for abstract submission: 31st March 2017

第19回 プラスチックリサイクル化学研究会 研究討論会

日 時:2016年9月1日(木)~2日(金)
場 所:九州工業大学 百周年中村記念館(〒804-8550 福岡県北九州市戸畑区水仙町1-1)
      懇親会           :9月1日 18:00~ 
    テクニカルツアー(無料):9月2日 12:00~16:00 日産自動車九州、TOTO工場/ミュージアム
協 賛:廃棄物資源循環学会、化学工学会、高分子学会

プログラム&案内  Guide(English)
表申込締切:7月 8日 (金) 発表申込書 
抄録提出締切:7
月22日(金) 抄録書 
参加登録締切:7月29日(金) 事前参加登録書

入金締切   : 8月12日(金) 討論会参加費

参加費(事前登録):会員・協賛会員 8,000円、非会員 10,000円、学生 3,000円、
法人会員 無料
参加費(当日)  :会員・協賛会員 9,000円、非会員 13,000円、学生 4,000円、
法人会員 無料
懇親会参加費   :会員 4,000円、学生 2,000

振込先:: 西日本シティー銀行(銀行コード 0190)、本城支店(支店番号042)
      普通預金、口座番号:3040175
      名義: FSRJ第19回研究討論会 代表幹事 西田 治男

平成28年度 講演会が開催されました PDF  写真

日 時: 2016年6月17日(金)
場 所: 早稲田大学 西早稲田キャンパス 55号館1階 第一会議室
   緊急特別講演「熊本地震の廃棄物について:一般家庭廃プラ系廃棄物の状況」崇城大学 准教授          池永 和敏
   講演1「プラスチックによる海洋汚染-現状と対策」             東京海洋大学 名誉教授       兼廣 春之
   講演2「漂流マイクロプラスチックに関する国内外の研究状況について」  九州大学 教授           磯辺 篤彦
   講演3「エシカルとは何か~持続可能な社会のための新しいキーワード~」一般社団法人エシカル協会 代表理事 末吉 里花

 関連情報

協賛案内 廃棄物資源循環学会 リサイクルシステム部会セミナー
        マイクロプラスチックの現状と解決に向けての課題NEW

日時:2018 年 7月 6日(金)14:30~17:40
場所:産業技術総合研究所 臨海副都心センター 別館11階 第3会議室
   〒135-0064 東京都江東区青海2-3-26
参加費:学会員・協賛学会員 1,000円、非会員 2,000円
申込先:recycle_system2018@yahoo.co.jp (事前登録、会費は当日払い)
主催:廃棄物資源循環学会 リサイクルシステム部会
協賛:プラスチックリサイクル化学研究会
詳細

協賛案内 Pyro2018: 22th International Symposium on Analytical and Applied Pyrolysis
       (第22回分析的および応用熱分解に関する国際シンポジウム)NEW

日時:2018 年 6月 3日(日)~ 8日(金)
場所:京都大学 吉田キャンパス (京都府京都市)
主催:Pyro2018 組織委員会
内容:熱分解法による高分子材料やバイオマスの分析および利活用を対象とした国際シンポジウム
◆案内および申込先
案内申込先


プラスチックの逆襲 

・当学会が関連団体として掲載された「プラスチックの逆襲」が2017年6月に丸善プラネットから出版されました。
 定価 1,800円+税  詳細

プラスチックの化学再資源化技術 普及版 

・当学会の会員が執筆し2005年にCMC出版社から発行された「プラスチックの化学再資源化技術」の普及版が販売されました。
 定価 5250円(税込)著者割引 4200円(税込) 詳細 申込書







copyright  @  FSRJ プラスチック リサイクル化学 研究会